船が沈むぞ~🚢

タイタニック号の悲劇を初めて知ったのは、高校の英語の教材。

補習の課題の英文を読んでいる時に、こんなことがあったんだと読み込んでいきました。

この映画には、さまざまな社会問題が織り込まれています。

階級社会における差別、科学技術に関する過信、ヒューマンエラー。

ただ大惨事をきっかけに、安全な造船を追求して改善していきました。

しかしながら、韓国のセウォル号沈没で、死者299名、行方不明5人の犠牲者を出したのは記憶に新しいところです。

青函連絡船、洞爺丸事故では、死者・行方不明者は合わせて1155人。

タイタニック号事故についで、犠牲者が多いとされます。

その点においては、日本版タイタニック号事件ともいえます。

宇高連絡船の紫雲丸も、何度も海難事故を起しています。

瀬戸内海って、自分は何度も訪れてはいますが、結構濃霧がかかるようです。

波は静かでも、濃霧で結構海難事故は起きています。

自分が初めてブルトレを見たのは、宇野駅

寝台特急「瀬戸」が停車しているのを見かけました。

当時はまだ20系だったと記憶しています。

北陸線を走った、寝台特急日本海」「北陸」「つるぎ」は、あまりに深夜、早朝の時間に走り抜けるために見たことがありませんでした。

越前たけふ駅🚅

北陸新幹線の武生の駅名が決まりました。

越前たけふ駅。

ま、落としどころでしょう。

福井鉄道に「武生新」、現在武生駅があるから、それとも区別しなければ混同する恐れがある。

訂正・・・福井鉄道の駅名が「越前武生」駅に変更されていました。

紛らわしいという意見も地元紙に載っていましたが、福井鉄道の社長は必要なら駅名を変更しても構わないという方針です。

「武生」という名前を絶対に無くしてはならない。

子供の頃に、武生に関わった者として、武生の名前は残さないと黙っていない。

ただ、市街地から離れた位置に越前たけふ駅ができるので、その連絡をどうするのかの課題が残る。

鉄道話題をもう一つ。

同じホームに違う編成の電車が並ぶ駅。

西武池袋駅。特急専用ホームが一般列車の7番ホームの奥にあるから。

松山駅。特急いしづちとしおかぜが同じホームに停車しますが、電車と気動車が同じホームに並ぶ珍しい光景。

四国で一番高い山が、石鎚山です。

泊駅(富山県北陸線)あいの風とやま鉄道とえちごトキめき鉄道が、2番ホームで同一線路に並びます。

あいの風とやま鉄道が電車で、えちごトキめき鉄道気動車です。

この泊駅は、新潟県富山県の県境付近。

海側から1番下り新潟方面、2番待機線、3番上り富山方面。

真ん中の線路が、上下どちらからでも入線可能です。

これは、かつて福井駅発泊駅行きの普通列車があったように、県境で列車が折り返していた名残です。

もっと大きな駅かと思ったんですが、その辺の田舎の駅でした。

それは、直江津駅もそうです。

北の駅ではもう、悲しみを暖炉で燃やし始めてるだろう・・・何もない駅です~ぅ。🎤

石川県が、まん延防止措置適用に踏み切りました。

アルコール消毒も、ほどがあるようで、ドアノブが金属だと錆びたり、プラスチック製だとひびがはいるようです。

自分の場合も、アルコール消毒をするとひび切れて出血して痛いので、苦手です。

北陸線泊駅

f:id:Thunderbird2:20210514094440p:plain

 

ショートMail 佐川急便 宛先不明のお荷物を持ち帰りました📧

昨夜、22時にスマホのショートメールに届いたメッセージ。

ん?22時に配達?

宛先不明の荷物で、どうして自分に届くのか?

でも、佐川急便はいつも荷物を届けてくれる。

クリックをしてしまったのですが、サイトにはつながらず確認画面でSTOP。

入浴していて、あ~もしかして詐欺?

調べてみると、フイッシング詐欺。

ただ、クリックしただけでは何も起こらず、サイトにつなげてインストールしないかぎり大丈夫とのこと。

一応、不審なアプリが入ってないかを確かめましたが、確認できず。

ウィルスバスターの警戒度を引き上げました。

ところで、今週晴れ⛅が続きますが、来週からはずっと☂が続きます。

外作業は、今週中に済ませたいと考えています。

Happy Birthday 梅雨☂

ネット・SNSの活用が下手な人は記憶力が悪い

なぜかネット・SNSの活用が下手な人は記憶力が悪い

SNS投稿を勧める意外な理由

 ネットやパソコンの検索機能を使えば、誰でも知りたい情報がすぐに人手できる時代になりました。検索すれば出てくる情報を、わざわざ自分で覚えるのはムダと言ってもいいのかもしれません。この点、記憶力が良い人も悪い人も同意見のようです。とりわけ社会人は、学生とは違って『カンニング』が許されています。分からないことは、必要に応じて調べれば十分でしょう。

 とはいえ、ネットで検索しづらい情報もあります。それは、個々人の「体験」や「気づき」です。小説の粗筋はネットで調べれば分かり、読んだ人の評価も数多く載っています。しかし、他人が小説で得た気づきを参照しようとしても、大量の情報に埋もれていて、お手上げ状態です。でも、そこにひらめきにつながる重要なヒントが秘められていることだってあるのです。

 そして、自分が得た体験や気づきでも、よほど強い印象に残ったものならともかく、そのほとんどは1年も経つと90%以上忘れてしまいます。そこで記憶が鮮明なうちに、脳内の情報を外部に表現する「記憶の外化(がいか)」を行います。その際に有用なのがネットやパソコンで、情報やデータを入力することで簡単に実行でき、必要に応じて引き出すことも容易にできます。

 特にSNS投稿をメモ代わりに使うのは、情報を手軽に入力できて、お勧めです。また、SNSへの書き込みは、日記とは違って他人に読まれることを前提としています。そのため、情報を整理してから文章を書くようになり、入力時には適度な緊張感を伴うので、書き込んだ内容が記憶に残り易くなります。今回の調査でも、覚えたことのSNS投稿を「いつもしている」「たまにしている」の合計割合は、記憶力が悪い人が15.9%だったのに対して、記憶力が良い人は28.4%と倍近い結果になりました。

 もう1つ大事なことは、パソコンに入力した情報を整理整頓しておくことです。そうしないと、いざ情報を取り出そうとしても、もたついてしまいます。情報を検索する時間は15~30秒以内を目安にしましょう。検索に3分以上かかるようでは、記憶の外化の用を満たしでいるとは言えません。

 調査結果でも、検索に46秒以上かかる人の割合は、記憶力がいい人では23.8%だったのに対して、記憶力が悪い人では41.2%にも上りました。パソコンで記憶の外化をするのなら、デスクトップにファイルが散乱している状態は避けたいものです。ファイルをテーマ別のフォルダにまとめ、さらにフォルダを階層化してみましょう。すっきりと整理でき、必要な情報を瞬時に引き出せます。

梅雨入り早まる・・・鴨🐤

今年の天候はおかしい。

通常、五月晴れ(梅雨の晴れ間というのが定説)で、5月は晴天が続くのが通常ですが、今年は梅雨前線の北上が早い。要するに太平洋高気圧が強い。

側溝の泥上げを急いでいますが、泥が乾いた状態ですくいあげたい。

そうなると、最低でも2日間の晴天が必要ですが、晴れ間が続かない。

今日も雨が降り出す前の1時間を利用して、自宅前の側溝の半分を泥上げ作業を済ませました。

この夏は、酷暑になる恐れがある。そして、秋になるとまた台風が襲ってくるかもしれない。

天候が何か変だ。

福井、富山に有って金沢にないもの

路面電車です。

1968年に金沢市内の路面電車は全面的に廃止されています。

記憶の端っこに路面電車が残っています。

狭い金沢市内の道路には、電車の線路が邪魔になったのは理解できます。

しかしながら、福井市はえちぜん鉄道と福井鉄道の相互乗り入れが実現して低床電車が走っています。

また、富山市内にはライトレールが縦横無尽に走り回っています。

かつての金沢市内の市内電車の路線図を見ると、東金沢駅金沢駅野町駅などをしっかり結んでいます。

香林坊でも武蔵が辻でも、路線バスなど待たなくても列をなしてやってくるので不便はないです。

けれども、金沢駅東金沢駅西金沢駅と市内が鉄道で結ばれていないのは、LRTが注目されている中で問題がある。

北陸鉄道という会社は、とにかく労働問題とかもめ事が多い会社。

浅野川線については、戦後内灘闘争の時に米軍の弾薬を運んでいて、反対する運転手などがボイコットしたことも最近知りました。

山代線、山中線、片山津線など、本来は残すべき路線だったけれど、大聖寺と動橋(いぶりはし)の両駅で、特急停車駅を奪い合うをするから中間にあった何でもない作見駅を加賀温泉駅にして解決を図った。

浅野川線金沢駅は地下駅。また石川線は、西金沢駅でJRに接続し、金沢郊外の野町駅が終点。

香林坊とか行こうとする時に、通常であれば金沢駅から路線バスが普通ですが、西金沢駅から石川線で、野町駅まで行ってそこからバスか徒歩という手段もあります。

金沢市内の慢性的な渋滞は、長年の課題。

何か手を打たないといけない。モノレール、地下鉄、LRT・・・。

昭和ニッポン歌謡名曲三昧NHKFM

前半12:15~18:50 後半19:20~21:15

知っている曲がバンバンかかっています。

昔なら電波の受信状態を気にしないといけないし、まずカセットテープが持たなかった。

今はHDDに録音できます。

自宅2階の窓拭きの仕上げと網戸入れをしながら聞いていました。

雨の中を歩いて図書館の往復だけの外出。